それもいいよね

I think it good ちいさなシアワセをみつけに

思い

さっちゃん

さっちゃんはね さちこっていうんだほんとはね さっちゃん 母の姪 わたしの従姉 さっちゃん 父が健在だったころは たびたび遊びに来ていた 時々、思い出したように 電話をくれていたけれど 家に来たのは1年半前 母の口癖 「さちこは他に行くところができた…

生まれた日には

わたしが生まれた日 誕生日には お母さんに感謝をする日と知ったのは 数年前のこと ありがとう わたしのこと忘れないでね 毎日、父さんに話しかけてるのに その父さんの誕生日も忘れてしまって・・ ううん、兄さんも同じ月だから きっと混乱してしまうのだね…

深々と

朝から気温が低く 刺すような寒さ 訪問看護士の来訪日 母の症状について 進んでいるように思われます やっぱり..... 外を見ると今にも雪が降りだしそう 夕方から雪が降り始めた 大晦日の紅白歌合戦が蛍の光でおわり ゆく年くる年の映像で見るような風景 深々…

空遠く

朝目覚めて ベッドの中で開いたスマホ 何のことか意味がわからなくて 乗っ取り?悪戯? そんなことしか頭に浮かばなくて 連絡の内容を信じることなんてできなかった 今月の3日の日に やり取りしたばっかり 今年は会いたいと送ったら いつ会うの?って 春に…

縦と横の糸

優しい人、良い人に無理になろうとしないと 宣言したわたし そんなわたしなのに、周囲をみれば 優しい人、良い人に恵まれている 神さまがお手本にしなさいって 縁を結んでくれたのかな どうでもいいような事も遠慮なく話せる そんな友だちと電話でお互いの近…

明日吹く風

ここに書いてきたことに嘘はないし 人によく思われようとか 誰にでも受け入れてもらおうだとか そんな思惑はないけれど 表面だけ飾ろうとしているのかな 毎日、尤もらしいことを書いているけれど 実際のわたしは本当にそう? 自分に問いかけてはひどく落ち込…

謎解き

お約束がなかったのか まんまちゃんは食後もノンビリ 特別手当がもらえないことを悟って 帰っていった(笑) 先日降った雪がまだ融けず まんまちゃん寒いだろうな 朝、目を覚まし ベッドの中から時計をみる お風呂場へのドアが開く音 わが家の怪力ニャンも開け…

足りないもの

今朝は姿を見せないまんまちゃん どうしたんどろう 来た来た、遅刻だよ~ どこかに寄り道でもしてきたのかな ごはんを食べ終わるとさっさと帰っていった きょうの予定は何ですかぁ(笑) 顔の湿疹が 今までで一番ひどい おサルさんのお尻みたいに 真っ赤っ赤で…

2018年元旦

新年あけましておめでとうございます うれしいこと たのしいこと ワンさかのワンダフル・ニャンダフルな 健やかな一年でありますよう 心よりお祈りいたします ネットスーパーでは買えない 食材やお正月用品を買い込み 重たい荷物をエンヤコラ 掃除で脚立の上…

行く年 2017

2017年もあと数時間でおわり 何とか新年を迎える準備が整い 少し休憩しているところです この場所で出逢い 訪問・応援・コメントをいただきましたこと 心より感謝いたします 思い返せば ことしもイロイロありました 人と比べて真似しても 人生は同じよう…

あわ雪、思いそれぞれ

昨夜と言っても 日付が変わって午前2時半 そろそろ寝なくてはとトイレに行ったとき 玄関のドアのガラス越し ぼんやりと白く明るい もしかして雪? 隣の駐車場の自動車の上には すでに数センチ積もっていた 風に押されて斜めに降る雪 朝には雪を掃くほど積も…

Attakaindakara

はてなブログを始めて1周年 備忘録として うれしいこと かなしいこと やりきれないこと そんな思いを綴って・・ 続けてこられたのは 自分の思いだけではなく このブログの以前から このブログで 出逢った みなさんからいただいた あたたかい気持ちのおかげ…

365

毎日、この場所に とりとめのないことを書いてきて きょうで投稿数365 明日が一周年 三日坊主が短所にしては よく続いたな 一日も欠かさないのが 自慢とかではなくて きっと強迫観念が強すぎるから 気は強いのに メンタルは弱いってどうなの(苦笑) それで…

お先に失礼

朝、 いつものようにリビングに下りて行って 母の寂しげな後ろ姿を見て ふと、思った わたしが夜のうちに突然 神さまに呼ばれたとしたら 呼ぶのは 神さまじゃなくて 閻魔大王かもしれないけれど ( ̄▼ ̄;) きっと母は 何も疑わず コーヒーが出てきて 朝食がで…

シアワセは誰が決める

昨晩 友だちからココロが折れそうSOSの 電話とメールが入っていた 気が付いたのが遅かったので メールを送信 その後、電話で話をした 顔を合わせるなり 父親からの一方的な暴言と嫌味に かなりの落ち込みよう どうしてかな わたしたちは 親の理不尽な言動…

+1

本格的に冬に突入を思わす 冷たい風が肌を刺す 今年買ったウルトラライトダウンじゃ 東北の冬は寒いかも ヒートテックのハイソックスは 毛玉ができにくくて薄い割に暖か 約束がひとつも守られていなくて 朝から母と衝突 いつもの決まり文句 出て行ってちょう…

微笑み返し

寒くなって ベッドからでるのがイヤ ということもあるけれど 日に日に 下へ降りて行く時間が遅くなる 同じことを何度も 聞いたり言ったりする一日の始まり たった今のことも忘れ去る シアワセなのか悲しいのか 何かを尋ねると 一回目は必ず否定 その次に思い…

意味ないじゃん

まんまちゃんはいつものようにご出勤 いつものようにごはんを食べて 一旦席を外し、すぐに戻ってきて (=^・^=)要求をする このブログ まんまちゃん日記になりそうで危うい(笑) さて、やっと友だちを訪問 ストーブの点検時 お金を受け取らない それでは困ると…

彼女たちが恋しい夜

毎晩、翌日の天気予報を見て 明日は友人に会いに行こう そう思いながら 朝を迎えるとなぜかしら 無駄な時間が流れて 同じ市内でも少し離れた 友人がいる場所が遠く感じて いまからじゃ遅いから明日にしようと 延期する日が数か月続いてる(苦笑)

雨音

昨夜眠る前から 雨音が聞こえてた 何をしているわけでもないのに ひどく疲れていて 雨音が子守唄に聴こえて眠りに落ちた このままずっと眠り続けたいと願いながら

あかニャン

どこのショップに行こうか 考えて 面倒になって 明日にする いつもこうなの 悪い性格

すき、きらい

雨 リビングの暖房つけた ニャンはベッドの中 毎日、同じことの繰り返しのスタート ずっと考えてた 月曜日のこと 看護士二人とケアマネ、デイサービス責任者 イヤと言わせない雰囲気

サンキライ

あまりの寒さに暖房つけた あったか~い 明日は久しぶりにお日さまに逢えそう 庭の草取りをして冬の支度をしなくては 道にまだ落ち葉はないけれど 落ち葉で焼いたお芋が食べたい

悪態の裏側

いつもより ずっと早く起きて 朝食を準備して 迎えの車に母を乗せ 行ってらっしゃい がんばってと見送った

小山あり谷あり谷あり

人生、山あり谷ありと言うけれど 上りも大変なら下りも大変 山頂と谷底からの景色も違う ここまでの人生 大きな山からの景色を垣間見ることもなく せいぜい、小山がいいところ

ありがとうねこれからも・・

昨晩は十五夜 覚えていたのに肝心の夜にはぽっかり忘れ 今朝の新聞で思い出す ブロガーさんを訪問していて 十五夜お月さんの歌詞が とても悲しい意味だと初めて知った

あしたは優しく

誰しも 自分の親が 徐々に認知機能が損なわれて 変わっていく姿を見たいなどとは 思わないでしょう 例外に洩れずわたしもそのひとりで

秋の夜

カレンダーは10月に変わり ことしもあと3か月 時の流れの早さを思うとき 光陰矢のごとしと心するけれど その慌ただしさに翻弄されるだけで 忘れがち...

いのちを預かるということ

朝から快晴 重い腰を上げて 首から肩、背中に広がった 痛みの原因を探るべく治療に出かけた どんな病気もお腹が空いたところに ごはんを食べたようにはいかないね

給食とわが家のNO.1

日中は汗ばむほど暑くて この時間は涼しすぎ 季節の変わり目で 体調を崩す人が多いらしい どなたさも お身体ご自愛ください