読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

乾いた日常

ココロと身体に潤いとちいさなシアワセをみつけに

前日

f:id:hikouki-gumo:20170310225926j:plain

 

     くもりのち雨

     きょうも寒かった

     6年前のきょうは

     どんな天気だっただろう

     日記を読み返せば

     わかるのだけれど

 

 

     あの東日本大震災の前日の朝

     愛猫の兄妹が突然

     虹の橋に旅立った

     三毛猫でお尻の大きな女の子

     名前はふー

     いつもビクビクして怯えて

     保護した後も触られることも怖がっていて

     でも唯一、おじいちゃんだけは大好きだったね

     おじいちゃんが座る足元で旅立っていったもの.....

     泣きじゃくった父を見たのは初めてで

     箱に寒くないようにフリースを敷いて

     庭にほんの少し咲いた花を摘み

     お腹が空かないようにゴハンを入れて

     その中に眠らせた

     ペット斎場にお願いして

     時間までスーパーで時間を過ごしていたら

     突然の大きな揺れに驚いた

     店員さんが避難誘導してくれて

     その後すぐにふーを迎えに行き

     家に連れて帰った

     ふーちゃん、虹の橋でおじいちゃんに会いましたか

     きっとふーちゃんのことだから

     おじいちゃんを見間違えることはなかったでしょう

     虹は上から赤、橙、黄、緑、青、藍、紫

     ふーちゃんは何色を渡っていったのか

     今度会ったときに教えてね

     ニケは病気にかかることもなく元気だよ

     今年、ふーちゃんが生きた年の

     倍の年齢になるんだ

     お腹の皮がたるんだオジさんになってきた(笑

     おじいちゃんが一緒だからもう寂しくないね

     またお手紙書きます