乾いた日常

ココロと身体に潤いとちいさなシアワセをみつけに

盆の入り

f:id:hikouki-gumo:20170813225735j:plain

 

     曇り空から青空に

     やっと洗濯物が気持ちよく乾いた

     気温もぐんぐんとあがって

     このところの

     涼しさに慣れた身体には

     ちょっと堪えた盆の入り

 

 

     方向音痴の父を迎えるため

     提灯を明るくし

     迎え火を焚いていた

     お父さんお帰り

     そう母とつぶやいた時に

     すぐ傍で蝉が鳴いた

     まるで父がただいまと言ったかのよう

     火が消える頃に

     モンシロチョウがふわふわと飛んできた

     これも父さん?

     そんなはずはないのだろうけれど

     新盆ゆえにそう感じるのかもしれない

     明日にしようと思っていたお墓参り

     四箇寺をまわった

     色とりどりの花が供えられ

     いつもの雰囲気とがらりと変わった風景

     疲れた身体で帰宅

     供えていたほおずきで風船を作ろうとして

     果実を割ってしまった母

     ゆっくりゆっくりと両手で優しく揉んで

     中から果肉と種を取り出して母へ渡した

     懐かしそうにほおずき風船を鳴らす

     父もそばで聞いていただろうか

 

 

 

ランキングに参加しています。

ポチッと応援おねがいします。