しゅわしゅわ

夜更けのしゅわしゅわ、ひとりの時間

彼女たちが恋しい夜

f:id:hikouki-gumo:20171109231257j:plain

 

     毎晩、翌日の天気予報を見て

     明日は友人に会いに行こう

     そう思いながら

     朝を迎えるとなぜかしら

     無駄な時間が流れて

     同じ市内でも少し離れた

     友人がいる場所が遠く感じて

     いまからじゃ遅いから明日にしようと

     延期する日が数か月続いてる(苦笑)

 

 

     最近でこそ

     長電話はしなくなったけれど

     昔は毎日のように長電話

     同じ街に住みながら

     なかなか会えなくて

     どちらかが海外に住んでいるみたいだね

     なんて喋りながら笑ってた

     それぞれに家族がいて

     生きるための仕事があって

     まだ途中だけれど

     お互いにいろいろな経験してきた

     長いこと会えなくても

     会ってしまえば

     会えずにいた時間なんて関係なくて

     高校一年で初めて出会ってから

     ずっと支えられてきた

     メールでこれからもよろしくねって

     必ず書いてくるけれど

     そのセリフはわたしが言う言葉

     いつもありがとね

     先日、いちぢくを届けてくれた友だちは

     中学一年からの付き合いで

     やっぱり長い時間合わずとも関係なし

     友だちに恵まれたことに感謝します

     無性に彼女たちが恋しい夜  

 

 

 

ランキングに参加しています。

ぽちっと応援おねがいします。