しゅわしゅわ

夜更けのしゅわしゅわ、ひとりの時間

モモとタンゴ

f:id:hikouki-gumo:20180303233600j:plain

 

     父のお仏壇にお供えをしながら

     誕生日おめでとうとつぶやいた

     母が明日が父の誕生日だと言うので

     違うよと教えたら

     勘違いしただけで知っていたと言い張る

     上できっと苦笑いしてるはず

 

 

     何かの話題から生前の父に聞いた話

     桃の節句に生まれた父

     特に恥ずかしいとは思ったこともないようで

     あたり前に1年に1度の記念日を過ごしてきた

     そんなある日

     勤務先の女性から話しかけられ

     ◯◯さん3月3日が誕生日ですよね

     わたしは端午の節句の5月5日生まれなので

     誕生日が逆だったらいいのにと言われたと     

     女の子なら5月5日がこどもの日でも

     端午の節句よりは桃の節句の方が良かったと

     思うのは自然だよねと言った記憶がある

     これから先もおひなさまや桃の花を見るたびに

     桃と端午の話しを思い出すのだろうな

     お酒を飲む父がとても嫌いだった

     少しも楽しいお酒じゃなかったから

     そんな父もDr.に2者択一を迫られお酒をやめた

     お年取りで神棚に供えたお神酒をひと口

     それだけで顔が赤くなって笑った

     これが最後のお酒だったな

 

 

 

ランキングに参加しています。

ちっと応援おねがいします。