それもいいよね

I think it good ちいさなシアワセをみつけに

あれから・・

f:id:hikouki-gumo:20180311224341j:plain

 

     心地よい夢を見ていた

     まだ醒めたくないと

     目をつぶりまどろむ

     そろそろ起きなくては

     今日は3月11日

     あれから・・7年

 

 

     未曾有といわれた震災から7年

     2,3日前から被災地の状況がTVに映し出される

     親を子を友人、大切な人を失った悲しみから

     解き放たれていない人

     まだ家族の元に帰れない人

     身元が判明されない人

     引き取る人がいない人

     さまざまな思いに包まれて7年

     ここが帰ってくる場所だよと

     迎える術はないのでしょうか

     例えば、白い大輪の打ち上げ花火を目印にとか    

     甚大な被害を受けた海岸沿い    

     津波は押し寄せるだけではなく

     海底が見えるほど引いては押し寄せを

     7度繰り返したと聞く

     なんの覚悟もないままに突然に

     多くの人の命の灯は消えた

     不思議な話しも聞いた

     それでも誰も怖がることもないと

     被災地でありながら

     海から離れた場所のために被害は少なかった

     だから思った

     わたしなんかが生きていて申し訳ないと

     7年経った今、わたしは誰かの力に

     なれているのかな

     昨年の今日も書いた

     地震の後は雪が降ったというのに

     あの日、見上げた夜空は見たことがないような

     美しい星空で空気が澄んでいた

     この先、来年も再来年も明明後年も・・

     あの日のことを忘れない限り

     何度でも書き続けるだろう