しゅわしゅわ

夜更けのしゅわしゅわ、ひとりの時間

こらっ!

f:id:hikouki-gumo:20180406231544j:plain

 

     今日は肌寒くて

     何日ぶりかで暖房つけた

     この気温で

     桜は来週まで見ることができそう

     気が急くだけで

     ちっとも身体がついていかなくて凹む

 

 

     10時過ぎに

     まんまちゃんがやってきた

     寒いから香箱座りで小さくみえた

     おとなしいな

     こちらが気付くと待ってましたとばかりに

     目をまんまるくして覗く

     ごはんは煮干の頭を残して完食

     それからオセロちゃん現る

     まんまちゃんが残した煮干の頭を平らげ

     もっとちょうだい的な視線を送ってくる

     ムリそうだと感じたのか

     ふんっ、また来るわよとくるりと向きをかえた

     その瞬間、ビシャッ

     網戸ごしにサッシの硝子におしっこかけた

     こらっ!

     素早く逃げて行った

     マーキングされたらまんまちゃんが来なくなる

     洗剤を入れたお水で洗い流した

     オセロちゃん、他のニャンと間違えていなければ

     青い首輪をした飼い猫だった気がする

     違うかなぁ

     もう、おしっこはイヤだよ

     来るのなら仲良くしてほしいな

 

 

 

ランキングに参加しています。

ちっと応援おねがいします。