しゅわしゅわ

夜更けのしゅわしゅわ、ひとりの時間

ころり

f:id:hikouki-gumo:20180526232608j:plain

 

     今日もいい天気

     庭の芍薬がいつの間にか満開

     1本を切り花にして父に供えた

     傍を通るたびに優しく香る

     実際に咲いている写真を撮りたいけれど

     腕も咲いている場所も悪し...

 

 

     ご自身とは関係のない認知症の方の

     お世話をしているブロガーさんがいる

     介護職でもないのに

     おおらかな気持ちで見守っていらっしゃる

     感心しきりでブログを拝読

     わが家の場合

     まだ、一人で着替えて寝起きはできる

     初夏の陽気でもカシミヤのカーディガンは

     離さないけれど

     着替えや、お風呂、洗顔、歯磨きは

     面倒になってきているらしく

     強く言わなければそのまま・・

     起きてきて、椅子に座ったら

     動くのはトイレぐらいで

     何もしない、いやできない

     座っているか横になっているだけ

     食欲だけは旺盛なので体力があるのか

     体調を崩すことは少ない

     人さまから見たら

     年相応で何の問題もないように映るらしい

     だからわかってもらえない

     水道を出しっぱなしとか

     手を洗わないとか

     髪は山姥みたいだとか

     失敗を隠そうとするとか

     言えばキレるとか

     くだらない小さなことの積み重ね

     どうせなら介護認定されなければ

     外に仕事に出て、自由時間を過ごせるのにと

     自分だけがとか言いうつもりはないけれど

     わたし、子どもがいなくてよかった

     他人さまに迷惑もかけたくないから

     早いうちにころりと逝けるように願うばかり