しゅわしゅわ

夜更けのしゅわしゅわ、ひとりの時間

思いもよらない落とし穴

f:id:hikouki-gumo:20180613232917j:plain

 

     朝からスッキリ晴天

     昨日までの肌寒さと比べて

     暑くなったらイヤだな

     風がヒンヤリして適温

     部屋の窓から大きなくじらのような

     雲を眺めた

 

 

     昨夜のすってんころりん

     もともと痛めていた首が動かないけど

     まぁ、数日したら治るでしょう

     考えたら

     階段から滑り落ちたり

     よそ様の玄関の大理石で滑って

     潰れた蛙みたいな格好で

     ダイナミックに地面にジャンプ

     工事中の穴に落ちたりと

     ドジしまくり(苦笑

     その中でも工事中の穴に落ちた時は

     珍しく父が怒って交番に電話をかけた

     直径約1.5m、深さ1.5~2mほどの

     工事中の穴

     赤いコーンとバリケードを紐でつないで

     穴の周りを囲って置いてあったらしい

     従姉の車で送ってもらい

     「ありがとう」と車を降りた瞬間穴に落ちた     

     工事は休みで、その日は風が強かったからか

     コーン等は全部穴の中に落ちてた

     その上に落下

     首のねん挫と打撲と擦り傷くらいで

     大した怪我ではなかったのだけれど

     あの日の父は怒った

     不注意なわたしにもだけれど工事業者に

     鼻歌♪交じえ注意力散漫で歩いていると

     何が起こるかわからない

     別な意味でも人生にも思いもよらない

     落とし穴が・・

     でも、入院するほどの怪我がないということは

     何かしら守られているからなのかもしれない